オレ、ユキヒト

感想ブログ。

MENU

最近のポルノグラフィティおすすめ曲を紹介する

ポルノグラフィティは昔の曲が強すぎる。ファンじゃない人にポルノの知ってる曲を尋ねても、「アポロ」やら「サウダージ」「アゲハ蝶」ぐらいしか出てこず、最近の曲は全くと言っていいほど認知されていない。これは由々しき事態だ。一ポルノファンとして見過ごしてはおけない。そこで今回は、ポルノが最近リリースした中でおすすめの曲を紹介する。この記事をきっかけにポルノグラフィティに興味を持ってくれれば幸いだ。

 

 

Montage

Montage

Montage

  • provided courtesy of iTunes

 45thシングル。アルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録。アニメ「パズドラクロス」のOP曲。ポルノの作詞はギターの晴一が担当することがほとんどだが、本作は作詞・作曲ともにボーカルの昭仁が務めている。突き放すようなダークな歌詞が特徴的。サビ終わりのフレーズ「モンタージュ」の歌い方がとてつもなくエロいので聴いてほしい。

 

 

 

真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ

 44thシングル。アルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録。この曲も「Montage」と同じく昭仁が作詞作曲を務めた。一見ふざけたタイトルだと感じるが、一度聴けばタイトルに納得できる。とにかくテンポが速い。歌詞も「転ぶ先はどっちだ? Black&White」やら「3秒後の世界だってわかるはずもない 預言者じゃない」など、「そこまで詰め込まなくていいだろ!」とツッコミを入れたくなるほどぎゅうぎゅうに詰まってる。でもこの詰め込み感が気持ちよくて、ああ、こういうポルノもありだなあ、と思わせてくれる曲。カラオケで歌おうものなら間違いなく灰になる。

 

 

 

Part time love affair

Part time love affair

Part time love affair

  • provided courtesy of iTunes

 「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」のカップリング曲。ポルノのカップリング曲の中で最高最強の曲だと思ってる。僕はポルノの「女々しい男の恋愛話」を歌った曲が大好物なのだが、この曲は間違いなくその中で最高傑作だと言える。昭仁の「やだよ」と「Why?」の歌い方がとても好き。一度聴くとリピートが止まらない曲。

 

 

 

 MICROWAVE

MICROWAVE

MICROWAVE

  • provided courtesy of iTunes

 アルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録曲。サウンドが変態的すぎる曲。イントロの「ンヴィッンヴィンッヴィッヴィ」から始まり、サビ前の「...ンヘェッ」、終始聞こえる「パパッパーパパッパ…」など、聴いているこちらを引きずり込んで離さないサウンドが聴いていて気持ちいい。アルバム「BUTTERFLY EFFECT」の中で一番好き。男の劣情を冷蔵庫に例えている歌詞も良い。

 

 

 

オー!リバル

オー!リバル

オー!リバル

  • provided courtesy of iTunes

 42thシングル。劇場版アニメ「名探偵コナン 業火の向日葵」の主題歌であり、聴いたことのある人は多いかもしれない。「サウダージ」や「アゲハ蝶」のようなラテン調の曲であり、近年のポルノを代表する一曲。ポルノグラフィティの世界観を残しつつ、ところどころにコナンとキッドの関係を彷彿とさせるような歌詞となっている。どこをとっても完璧な出来な曲。ただMVの出来を除けば…。

 

 

 

夜間飛行

夜間飛行

夜間飛行

  • provided courtesy of iTunes

 アルバム「BUTTERFLY EFFECT」収録。晴一渾身のバラード曲であり、女性視点で別れを歌った歌詞が特徴的。ポルノグラフィティは「サウダージ」や「瞳の奥をのぞかせて」などの女性視点の歌詞を得意としているが、この曲も過去作に引けを取らないほどの出来となっている。昭仁の優しく切ない歌声は圧巻。

 

 

 

ミステーロ

ミステーロ

ミステーロ

  • provided courtesy of iTunes

 アルバム「RHINOCEROS」収録。この曲の特徴はなんといっても難解な歌詞だろう。「神話の中に捨てた首飾り」や「間違いだけで作る可憐なドレス」など、イミフ素敵フレーズのオンパレード。この曲独特の世界観が作り上げられており、「ジョバイロ」や「ネオメロドラマティック」が好きな人は絶対にハマる曲。

 

 

 

カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

  • provided courtesy of iTunes

 46thシングルで、2018年3月21日リリース予定の新曲。まもなくデビュー20周年を迎えるポルノグラフィティの新たな挑戦を表す一曲。ポルノグラフィティ最高傑作といっても過言ではないと思っている。歌詞、メロディ、歌声のどれをとっても最高の出来であり、イメージで言えば「Part time love affair」と「MICROWAVE」を足したような曲。個人的には2番のAメロ終わりで無音になるところが大好き。とりあえずリリースしたらCDを買ってほしい。

 

 

この他にもいい曲はいっぱいあるので、Youtubeでも何でもいいから聴いてみてほしい。ポルノグラフィティもっと知られろ!