栞の庭

ユキヒサです。岡山県出身。感想ブログ。

MENU

国立大学に行きたいなら、高専から編入狙った方が楽だよっていう話

f:id:bayyuki:20171127175929j:plain

僕はかつて高専→大学編入という裏ルートで大学へ入学した経験がありまして、今回はその時のお話を書きます。

そもそも高専ってなんだ?って人のために簡単に説明すると、高専というのは中学校卒業後に行くことができる5年制の教育機関です。高専は即戦力のエンジニアを育て上げることを目的としている学校で、そのために学生は5年間専門的な知識をみっちり学ぶことができます。だいたい1県に一校は存在してます。

高専と言われれば、留年、ロボコン、メガネ、オタクの巣窟というイメージを浮かべる方が多いと思いますが、そのイメージでだいたいあってます。高専について詳しくはまた次の記事で。

さて、高専卒業後の進路ですが、基本的には企業に就職する、専攻科(高専にプラス2年残って大卒の資格を取る)に進学する、大学に進学するなどの進路があります。僕は「大学へ進学する」という進路を選択したわけですが、結果的に世間では上位と言われるレベルの国立大学に編入することができました。それも比較的楽に。では僕が「大学編入オイシイな!」と思った点を紹介していきます。

 

金さえ払えば国立大を何校でも受験可

僕が一番「大学編入オイシイ!」と思ったのはこれですね。普通の大学受験では前期・後期で国立大は最大2校しか受験できないのに対し、編入学試験は大学によって試験日がバラバラなので日程が被らなければ何校でも併願できます。だから国立大のすべり止めで国立大を受験することだってできるんです。贅沢ですね。でも受験料は安くない(だいたい3万円)ですし、交通費や宿泊費もかかってきますから実際のところそんなに受験できないですけどね。僕も結局2校しか受験しませんでした。

 

試験科目が少ない

コレもでかい。大学によって試験科目は違ってきますが、だいたい2~4教科だけで済みます。あの天下の東大でも2科目(数学と英語)だけで済む科も存在します。2科目に絞って勉強すれば、誰でも東大行きの切符をつかめるということです。あと、英語の試験を行わずにTOEICの点数を提出させる大学が増えています。つまり一度TOEICでいい点数を取ってしまえば、英語の受験勉強をする必要がなくなる、ということです。ただTOEICが苦手な人にとっては厳しいかもしれませんね。

 

高専で勉強を頑張れば、面接だけで大学に入れる

この面接というのは推薦入試のことで、ほとんどの大学の推薦入試は面接だけで終わることが多いです。試験官と少しおしゃべりして、終わり。一般入試に比べて合格率はグンと上がりますし、推薦が取れればかなり楽に受験を終えられます。その推薦入試の出願資格ですが、ほとんどの大学では「クラス順位」で決まります。この「クラス順位」、中堅レベルの国立大学であればそこまで高く設定されていません。15位以上だったり、10位以上だったりが多いです。1位をとれというのであれば難しいですが、10位以上とかだったらそこまで難しくないですよね。全員が全員進学するわけではないですし。つまり中堅国立狙いの人は、普段からそこそこいい成績をキープしていれば、簡単に合格できちゃいます。

 

ざっとこんなもんでしょうか。書いてみて再認識しましたが、やっぱり大学編入はお得です。

でもいいこと尽くしかと言うとそうではありません。今度は勉強しててつらかったことを挙げていきます。

 

合格枠が狭い

もともと編入生は在学生に少し補充する感じで募集するので、枠は小さめです。さらに先ほど挙げたように、編入希望者は何校でも受験できるので自然と倍率は高くなります。単科大学であれば編入生を多く受け入れる傾向があるのでそれほどでもないですが、総合大学ですと倍率が3倍から4倍以上はざらです。科によっては10倍以上に膨れ上がるところもあります。偏差値の低い国立大なら大丈夫!と思う人もいるかもしれませんが、そういうところこそ上のレベルの大学の受験者のすべり止めにされやすいので、倍率も上がりますし、そういった上のレベルの受験者と戦わなくてはならなくなります。国立大を受ける以上、安心して受かるところなど存在しません。ちゃんと勉強しなければ、全落ちだってありえます。

 

情報が少ない

僕が一番悩んだのはこれですね。編入試はマイナーな試験ですから、情報がかなり少ないです。過去問集なんて売ってないですしね。情報を集めたいのなら、その大学を受けた先輩に聞くのが一番でしょう。もしいなければネットで受験体験記を漁るのも手です。どんな雰囲気なのか、合格点はいくらぐらいなのかは掴んでおきたいですね。過去問は大学に請求すれば公開してくれるところが多いです。もし非公開であれば、みんな同じ土俵なんだと腹をくくってがんばりましょう。

 

勉強仲間が少ない

これも勉強をしんどくさせた要因の一つです。僕のいた高専では編入志望者はかなりの少数派で、受験勉強に本腰入れ始めるときには周りの友だちはほぼ全員就職先が決まっている状態でした。進路が決まれば、あとは卒業まで遊ぶだけ。カラオケ、ボーリング、キャンプ、BBQ...。周りが遊んでいる中、勉強を続けるのは本当につらかったです。東工大や京都工芸は夏休みまでもつれこみますからね。

 

学部が限られる

これは受験勉強とは関係ありませんが一応。高専から大学編入を目指すのであれば、一般的に入学できる学部は工学部に限ります。たまに理学部や経済学部に編入するツワモノもいますが、入学後は単位認定で苦労するようです。

 

 

以上です。高専に入学するか悩んでいる方、大学編入を考えている方の参考になればと思い書きました。個人的には、高専に入学したのなら大学編入した方が絶対にいいと思っています。

 

 

↓受験生の時に役立った参考書↓

 

 

大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率-

大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率-

 

 

 

編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習

編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習

 

 

 

基礎物理学演習 (1) (ライブラリ工学基礎物理学 (別巻=1))

基礎物理学演習 (1) (ライブラリ工学基礎物理学 (別巻=1))

 

 

 

詳解電気回路演習 上

詳解電気回路演習 上

 

 

 

電磁気学演習 (理工基礎 物理学演習ライブラリ)

電磁気学演習 (理工基礎 物理学演習ライブラリ)

 

 

 

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

 

 

 

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)