栞の庭

ユキヒサです。岡山県出身。感想ブログ。

MENU

今更アニメ『CLANNAD』を見た感想

やっと見終わったので感想を残しておきます。

CLANNAD -クラナド- 第1期 コンプリート DVD-BOX (全24話, 592分) 京都アニメーション アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

そもそも僕はこのアニメを見ることをだいぶ渋っていました。まず10年前のアニメ(原作ゲームは13年前)だということもあってキャラデザがなんだか古臭くて受け付けなかったし、全部で44話もあると聞いて「44話とか長すぎだろボケ!」と思ってなかなか視聴に踏み込めませんでした。

あと「CLANNADは人生」や「CLANNADで泣けない奴は人外」とかやたら持ち上げられていたのも気持ち悪かった。

でも食わず嫌いはよくないし、「泣ける!絶対泣ける!」とここまでハードルを上げられてるのに泣くわけがないだろ全編真顔で見通してやるわと思って見始めたわけですよ。

 

f:id:bayyuki:20171114233407j:plain

そして視聴後。

もうね、号泣ですよ。嗚咽が止まらなかった。ほんとすみませんでした。

僕自身後にも先にも「火垂るの墓」より泣けるアニメはないと思って今日まで生きてきたんですけど、一瞬で覆されましたね。火垂ると同等か、それ以上泣かされました。

 まず風子編最後の9話で軽く号泣。アフターストーリー17話以降は渚を見るたびに涙が止まらず。そして汐に渚の面影を見てまた号泣。AS16話「白い闇」は衝撃がでかすぎて涙すら出ませんでした。

どこが泣けるシーンだとかは語りつくされていると思うので詳しくは書きませんが、個人的に一番泣いたのは朋也の親父の話でした。この話は反則ですよ...朋也さん。

 あと、自分はもうこんなに充実した高校生活を送ることはできないんだなあ...と思うと無性に切なくもなりました。なんだか京アニに「こんな青春を送ってるやつらもいるけど、お前には二度と来ないからそこで指をくわえて見てろ」と言われているような気がしてつらかった。「けいおん!」を見終わったあとに感じたつらさに似てます。眩しいぜ高校生。

それと上で書いたように全部で44話ということでしたが、話のテンポが非常に良くて1話1話があっという間でした。ギャグシーンもかなり出来が良かったですね。全く退屈しませんでした。

最後になりますが、CLANNADは家族愛を描いたとても感動できる作品でした。美少女アニメやハーレムアニメが苦手だという人も、とりあえずそれは忘れて見てみてほしいです。絶対に見て損はないですから。僕が気にしていたキャラデザも途中から全然気にならなくなりましたし大丈夫です。いいじゃない、ちょっとぐらい頭から触覚が生えてたって。

僕は見事にドハマりしてしまったので、原作を買ってプレイしてみるつもりです。では。