栞の庭

ユキヒサです。岡山県出身。感想ブログ。

MENU

ポルノグラフィティ全シングル曲ランキング

ポルノグラフィティの全シングル(1stアポロ~45thキング&クイーン/Montage)をランキング形式で紹介します。ほんとは全曲紹介したかったのですが、それだとかなり時間がかかってしまいそうなのでとりあえずシングルだけにしました。これを見てポルノグラフィティに興味を持ってくれる人が一人でも増えてくれれば幸いです。順位をつけてはいますが、ほとんどの曲が同率一位ですのであまり気にしないでください。

 

49位 君は100%

君は100%

君は100%

  • provided courtesy of iTunes

31stシングル。ストレートなメッセージソング。親しみやすくて楽しい曲だと思う。

 

 

48位 キング&クイーン

キング&クイーン

キング&クイーン

  • provided courtesy of iTunes

45thシングル。今年のグラチャンバレーのテーマソングで、ポルノを知らなくても耳にした人も多いのでは。歌詞がわかりやすく昭仁らしい爽快な応援ソングに仕上げっている。しかし同一収録のシングル曲「Montage」が良すぎて、この曲が推されるのは何かもったいなく感じる。

 

 

47位 青春花道

青春花道

青春花道

  • provided courtesy of iTunes

 38thシングル。「ギミーギミーギミー」と口ずさみたくなる。

 

 

 

46位 Love,too Death,too

Love,too Death,too

Love,too Death,too

  • provided courtesy of iTunes

26thシングル。恋愛の終わり(死)の美学を歌った曲。

 

 

45位 NaNaNa サマーガール

NaNaNaサマーガール

NaNaNaサマーガール

  • provided courtesy of iTunes

18thシングル。評判はあまりよくないけど嫌いじゃない曲。歌詞のアホっぽさがなんかいい。たしかにビキニと下着の違いはよく分からん。

 

 

44位 俺たちのセレブレーション

40thシングル。1番を昭仁、2番を晴一が作詞している。良くも悪くも合ってない、まとまりのない感じが面白い。

 

 

43位 東京デスティニー

東京デスティニー

東京デスティニー

  • provided courtesy of iTunes

39thシングル。まっすぐな歌詞と、どこか色気のある歌い方がマッチしてて心地よい。大人の恋愛って感じ。

 

 

42位 Don't call me crazy

DON'T CALL ME CRAZY

DON'T CALL ME CRAZY

  • provided courtesy of iTunes

19thシングル。暴力的というか、尖った曲。キレた若者を表現しているのかな。

 

 

41位 ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~

41stシングル。あま~い歌詞で、聴いているとニヤニヤしてしまう。割と好きな歌なんだけど、いかんせん曲名が恥ずかしすぎる。「何聴いてるの?」「ああ、ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~ だよ。」とか言えねえわ。

 

 

40位 ワンモアタイム

ワンモアタイム

ワンモアタイム

  • provided courtesy of iTunes

33rdシングル。スピード感があってかっこいい。「微笑みの花よ 平和の花よ 真実の花よ」のところが好き。

 

 

39位 アポロ

アポロ

アポロ

  • provided courtesy of iTunes

1stシングル。いわずと知れたポルノグラフィティの代表曲。最近はほとんど聴かないが、たまに聴くと「やっぱり良い曲だなあ」と再認識できる。間奏でなんかぶつぶつ言ってるの好き。

 

 

38位 リンク

リンク

リンク

  • provided courtesy of iTunes

22ndシングル。サビでぱあっと晴れる感じが好き。

 

 

37位 ミュージック・アワー

3rdシングル。ポルノの夏うたといえば、やっぱりこの曲。聴くと裸足で海に駆け出したくなる。

 

 

36位 ヒトリノ夜

ヒトリノ夜

ヒトリノ夜

  • provided courtesy of iTunes

2ndシングルでGTOのオープニング曲。歌詞に時代を感じる。「心の性感帯」っていうワードが素敵。

 

 

35位 カゲボウシ

カゲボウシ

カゲボウシ

  • provided courtesy of iTunes

36thシングル。昭仁の歌い方が優しい、優しすぎる。そっと背中を押してくれるような曲。

 

 

34位 瞬く星の下で

瞬く星の下で

瞬く星の下で

  • provided courtesy of iTunes

37thシングル。良い曲。ただ良い曲。1日の始まりに聴きたい。

 

 

33位 幸せについて本気出して考えてみた

8thシングル。最近良さに気づいた。とりあえずこれを聞けば元気になれる。

 

 

32位 ハネウマライダー

ハネウマライダー

ハネウマライダー

  • provided courtesy of iTunes

20thシングル。これほど清涼感溢れる曲が他にあるだろうか。これを聴いておけば暑い夏でもクーラーいらず。最初の「ドゥェンドゥドゥデンドゥデッデンデーン」が好き。

 

 

31位 アニマロッサ

アニマロッサ

アニマロッサ

  • provided courtesy of iTunes

29thシングル。カッコいい。サビでゾクゾクする。王道のカッコいい曲って感じ。

 

 

30位 アゲハ蝶

アゲハ蝶

アゲハ蝶

  • provided courtesy of iTunes

6thシングル。ポルノグラフィティの良さがすべて詰まっている曲だと思う。名曲。歌詞の意味は全く分からんけど。

 

 

29位 Winding road

Winding Road

Winding Road

  • provided courtesy of iTunes

21stシングル。失恋を引きずる男の未練や後悔が見えて好き。同じ曲名でも「絢香×コブクロ」の「WINDING ROAD」とは歌詞が正反対で面白い。

 

 

28位 ROLL

ROLL

ROLL

  • provided courtesy of iTunes

17thシングル。歌詞が大好き。特にCメロで男のやるせない思いを畳みかけるように歌うところにグッとくる。

 

 

27位 ギフト

ギフト

ギフト

  • provided courtesy of iTunes

25thシングル。才能のことをギフト(箱)に例えているのが面白いし好き。

 

 

26位 瞳の奥をのぞかせて

瞳の奥をのぞかせて

瞳の奥をのぞかせて

  • provided courtesy of iTunes

 30thシングル。エロティックな大人の恋愛を歌った曲。歌詞が抽象的過ぎて一度ではわからないところが良い。「甘噛み」なのに「消えない痕」を残してるところが好き。

 

 

25位 ラック

ラック

ラック

  • provided courtesy of iTunes

14thシングル。ゴツゴツした曲調で好き。歌詞の韻の踏み方が聴いてて気持ちいい。

 

 

24位 LIAR

LiAR

LiAR

  • provided courtesy of iTunes

44thシングル。「LIAR」は「嘘つき」という意味。「傷跡」や「血」というかなり過激なワードで嘘つきの女を表現している。

 

 

23位 あなたがここにいたら

23rdシングル。「あなた」を失ったあとの日常の寂しさを歌った曲。日常の何気ないものにまで「あなた」を重ねてしまう。寂しい曲なんだけど、決してネガティブな曲ではない、そんな曲。

 

 

22位 渦

渦

  • provided courtesy of iTunes

10thシングル。ダークな歌詞とベースの低音がマッチしてて良い。直接的には一度も言っていないのに、音だけで渦をここまで表現しているのはすごい。渦といえば「渦」で、「渦」といえば渦。そんな曲。

 

 

21位 Mugen

Mugen

Mugen

  • provided courtesy of iTunes

9thシングル。歌詞もメロディも何もかも完璧で無駄のない曲。ポルノグラフィティの良さが全て詰まってる。大好き。

 

 

20位 この胸を、愛を射よ

この胸を、愛を射よ

この胸を、愛を射よ

  • provided courtesy of iTunes

28thシングル。優しい歌詞と歌い方にとろけてしまう。「君」は恋人なのか、兄弟なのか、友達なのか。

 

 

19位 今宵、月が見えずとも

27thシングル。「空にツバを吐いたら自分にかかった」とか「グーグル検索で世界を見る」とか、歌詞がいちいち素敵。

 

 

18位 シスター

シスター

シスター

  • provided courtesy of iTunes

15thシングル。聴いてるだけで情景がぱあっと浮かび上がってくる。どこか懐かしいメロディでほっとする。「東の海」に始まって「西の海」で終わっているのも良い。

 

 

17位 痛い立ち位置

痛い立ち位置

痛い立ち位置

  • provided courtesy of iTunes

24thシングル。賑やかな夜のイメージ。歌詞の韻の踏み方が気持ちよすぎて好き。

 

 

16位 ゆきのいろ

ゆきのいろ

ゆきのいろ

  • provided courtesy of iTunes

34thシングル。人生をキャンバスに例えてるのが面白い。新しい出会いのことを「交わるレイヤー」と歌っているのがオサレすぎる。

 

 

15位 ヴォイス

ヴォイス

ヴォイス

  • provided courtesy of iTunes

7thシングル。「え?これって結局何が言いたいの?」ってなる歌詞が好き。聴く人によっていろんな解釈ができる曲だと思う。

 

 

14位 EXIT

EXIT

EXIT

  • provided courtesy of iTunes

32ndシングル。失恋ソングなのだが、失恋の悲しみの表現がとても上手い。それまで間接的に悲しみを表現していたのが2番のサビで突然直接的な表現に変わり、それが主人公の抑えきれない後悔を表現できていて良い。

 

 

13位 メリッサ

メリッサ

メリッサ

  • provided courtesy of iTunes

12thシングル。イントロからアウトロまで無駄のない完璧なカッコよさ。イントロを聴いただけでゾクゾクする。カラオケで歌えばめちゃくちゃ盛り上がる。 

 

 

12位 THE DAY

THE DAY

THE DAY

  • provided courtesy of iTunes

43rdシングル。1本のアクション映画を見せられている感じ。ぐるぐると場面が変わって、サビで爆発するイメージ。「僕のヒーローアカデミア」のオープニング曲なのだが、アニメの雰囲気とめちゃくちゃ合っていて良い。

 

 

11位 音のない森

音のない森

音のない森

  • provided courtesy of iTunes

11thシングル。人生における試練を「森」に例えて歌っている。メロディと昭仁の歌い方が、孤独で果てしなく続く森を表現できていて良い。

 

 

10位 黄昏ロマンス

黄昏ロマンス

黄昏ロマンス

  • provided courtesy of iTunes

16thシングル。聴けば「ああ、黄昏ロマンスだな、黄昏ロマンス以外の何でもないな」と思える曲。「ねえ気づいてる?」の「ねえ」の歌い方だけでご飯3杯食える。

 

 

9位 2012spark

2012Spark

2012Spark

  • provided courtesy of iTunes

35thシングル。なんというか強気な曲で、敵をバッタバッタとなぎ倒していく光景が浮かぶ。ジュースでいえば炭酸。

 

 

8位 オー!リバル

オー!リバル

オー!リバル

  • provided courtesy of iTunes

42ndシングル。「アゲハ蝶」のようなラテン調のメロディで構成されていて、独特の世界観が生まれている。歌詞といい、メロディといい、何をとっても最高でカッコいい曲。かっこよすぎて気づかないうちに何百回何千回とリピートしてしまう。

 

 

7位 サボテン

サボテン

サボテン

  • provided courtesy of iTunes

5thシングル。ラブソングなのにあっさりしていて、くどすぎない歌詞が良い。サボテンを通して二人の日常がスッと入ってくる。

 

 

6位 ジョバイロ

ジョバイロ

ジョバイロ

  • provided courtesy of iTunes

19thシングル。「アゲハ蝶」や「オー!リバル」のようなラテン調の曲。比喩表現がとても多く、なかなかスッと入ってこない歌詞が聴いていて面白い。聴く人によっていろんなとらえ方ができる曲。

 

 

5位 真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ

44thシングル。「そんなに詰め込んで大丈夫なの?」って心配になるくらいの歌詞のボリュームとスピード感がたまらない。

 

 

4位 ネオメロドラマティック

17thシングル。意味不明歌詞のオンパレード。「ボイルした時計の皮むき」だとか、「砕かれたコンクリートのために祈った」とか、よくそんな訳のわからない歌詞(誉め言葉)が書けるなと思う。でも訳が分からないからこそ、自分なりの歌詞の解釈を見つけられることが「ネオメロドラマティック」の良いところなんだと思う。

 

 

3位 愛が呼ぶほうへ

愛が呼ぶほうへ

愛が呼ぶほうへ

  • provided courtesy of iTunes

13thシングル。僕がポルノグラフィティのバラードの中で一番好きな曲。まさかの「愛」を擬人化した曲。世界中の人が毎日この曲を聴けば、世界から犯罪が消えると思ってる。

 

2位 Montage

Montage

Montage

  • provided courtesy of iTunes

45thシングル。歌詞の言葉選びが秀逸。サビ終わりの「モンタージュ」の言い方がエロくて好き。

 

 

1位 サウダージ

サウダージ

サウダージ

  • provided courtesy of iTunes

4thシングル。色褪せない名曲。ポルノグラフィティの数ある失恋ソングのうち、この曲が1番心に響く。色々な曲に浮気はしたけど、やっぱりこの曲を超える曲はないんだと思う。

 

 

以上です。今度はシングル以外でもやります。