栞の庭

ユキヒサです。岡山県出身。感想ブログ。

MENU

『けものフレンズ』2期はいったいどうなってしまうのか

今話題となっているたつき監督の「けものフレンズ」降板発表。全国のフレンズたちの悲鳴が聞こえる中、今日27日に「けものフレンズ」公式サイトから新たな声明が発表されました。

 

けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。

しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。

けものフレンズ公式サイトより引用

 

 

 え?ヤオヨロズ側から辞退したの?そうだとするとたつき監督のツイートと辻褄が合わないような気がしますね。たつき監督は「お達しが来て残念だ」と言っていたのに。

連絡のないままでの作品利用というのは12.1話のことでしょうか。そういえばたつき監督も趣味での制作だと言っていましたね。なんにせよ制作会社側と権利者側で何かひと悶着があったのでしょう。

真相はよくわかりませんが、たつき監督がかわいそうです。1期を大成功させてこれからってときに蚊帳の外にされるんですから。「のけもの」はいないんじゃなかったんですか。

そして担当するアニメーション会社が変わるということは、「けものフレンズ」の絵柄も大きく変わってしまうということですよね。CGのクオリティも上がってしまうのでしょうか。もうあののっぺりしたCGは見られないと思うと残念でならないです。クオリティが上がることを危惧されるのも面白い話ですが。

物語の内容も、たつき監督が思い描いていたものとは大きく変わってしまうでしょうね。ゴリゴリのバトルものになったらどうしよう。屈強になっていくかばんちゃんは見たくないです。

もしこのまま本当に辞退ということになれば、「けものフレンズ」2期は1期とは別物と考えて視聴するほうがいいかもしれません。とりあえずは続報を待ちましょう。